睡眠と成長ホルモンの関係は

睡眠と成長ホルモンの関係は

「寝る子は育つ」と昔から言われるほど、人の成長にとって睡眠はとても大事な役割を担っています。睡眠の1番重要な役割と言っても良いのが「成長ホルモンの分泌」です。

 

人の身体は、日中の活発に活動するときに優位になる交感神経と、夜間や眠っているときに優位になる副交感神経の2つの自律神経によって成り立っています。通常、副交感神経が優位に働く、夜や眠っているときに成長ホルモンは分泌されています。したがって成長ホルモンを分泌させるためには十分な睡眠が必要になるのです。

 

もし十分な睡眠が取れないと身体に様々な影響があります。特に成長期の子供は毎日活発に成長ホルモンを分泌して成長していきます。身長が伸びるのも多くの成長ホルモンの分泌によるものです。だから睡眠不足になると成長ホルモンの分泌も少なくなり、身長もあまり伸びないということが起こってしまいます。子供の睡眠が重要視されるのはこういったことも影響してのことでしょう。

 

また、成長ホルモンは深い眠りに入ったときに分泌量が増えることが分かっています。したがって、より成長ホルモンを分泌させたいなら質の良い睡眠をとることが大切です。