成長ホルモンを注射で摂取するには

成長ホルモンを注射で摂取するには

人間の身体は通常、成長ホルモンの分泌によりある程度の高さまで身長が伸び、個人差はあれどある歳を過ぎると成長が止まることが広く知られています。しかし多くの人がいる中にはうまく成長ホルモンが分泌されず、途中で成長が止まってしまったり、背が十分に伸びる前に止まってしまったりする人もいることが報告されています。そのような人は低身長症と診断されることがあり、その他成長ホルモンの分泌不足で起こる病気として成人成長ホルモン分泌不全症も挙げられます。

 

このような病気の治療法として多く用いられるのが「成長ホルモン補充療法」という、注射によって成長ホルモンを補い、適正な状態に近づける方法です。治療は、主治医のしっかりとした教えのもとで患者本人が自分の家ですることができる「在宅自己注射」が認可されているため、通常の生活を送りながら、家で簡単に治療を継続することが出来ます。

 

この治療を受けるにはいくつかの条件があります。まず第一に、身長が一般的な平均より大幅に低く、低身長症と医師から宣告されること。専門の機関で検査を受け、身長が伸びるという基準の線「骨端線」があること。さらに「成長ホルモン負荷試験」という試験を受け、認可されることも条件の1つとされています。

 

また、治療には年齢も関係しており、通常3歳から男性は18歳、女性は15歳くらいまでがある程度の効果が期待れいできる年齢とされています。