時間と成長ホルモンの関係性について

時間と成長ホルモンの関係性について

子供の成長に1番大事なホルモンがよく耳にする成長ホルモンです。この成長ホルモンはベッドに入り、寝付いてからおよそ2時間程度の最も深く眠っている時に多く分泌されます。しかし不規則な生活のせいで、しっかりとした睡眠時間がとれないと成長ホルモンは分泌しづらくなってしまうのです。だから夜は早めにベッドに入ることをおすすめします。

 

また、成長ホルモンと同じように夜になると分泌されるホルモンにメラトニンというものがあります。このメラトニンは睡眠に深い関わりがあり、1日の身体のテンポを良くする働きもあります。さらにこのメラトニンには、育ち盛りの子供の性に関する成熟を抑える働きもあるのです。

 

ある調査では、早い時期に思春期を迎えた子供と遅くに思春期を迎えた子供を比べると、遅く迎えた子供のほうが最終的な身長は高いという結果が出ています。より身長が高くなる確率を上げたいのであれば、思春期を迎える時期を遅くする役割のあるメラトニンを多く分泌させるような生活、睡眠を心がけることが重要になります。また、眠っている時にはこの2つのホルモンの他にも脳の成長、精神の安定など子供の成長にとってとても大切な働きをもつ様々なホルモンが分泌されています。それ故に子供にとって睡眠は最も重要視すべきものなのです。