成長ホルモンとは

成長ホルモンとは

ホルモンとは、私達の身体の中で作りだされ、人の身体の色々な働きを司るというとても大事なものです。中でも成長ホルモンはその名前を聞くとわかるように人の成長に大きく関わる物質です。しかしあまり知られていませんが、成長ホルモンには他にも大切な働きがあるのです。その働きとは、身体の中にある物質を活動するために必要なエネルギーに変える働き、つまり「代謝」です。私達が当たり前のように生活を送り、生きていく為には身体の中でエネルギーを作り出すことがとても重要です。そのために成長ホルモンは私達の身体の中で大事な働きをしています。

 

成長ホルモンはまず脳から出される指令を受けて、脳にある下垂体という器官から分泌されます。そして筋肉を始め、肝臓や脂肪などの色々なところで行っている代謝を促します。

 

成長ホルモンは生まれてから死ぬまで下垂体から分泌される物質です。しかし何かしらの要因で分泌量が少なくなる時があります。成長ホルモンの分泌量が減少する時期としては、幼少期のときに開始するケースと成人してから開始するケースとがあります。成人してから開始するケースの要因としては脳腫瘍によって起こるものと、または原因がはっきりわからず起こるものが増加しています。