成長ホルモン分泌不全性低身長症とは

分泌不全性低身長症

成長ホルモン分泌不全性低身長症とは、下垂体という身体にとって重要な場所から、成長ホルモンが人よりも分泌量が少なくなるという病です。

 

成長ホルモン分泌不全性低身長症の原因は、成長ホルモンは正常に分泌されているにも関わらず、体内の細胞が全く反応しないということが起きる病気で、その人の遺伝子の以上が要因になっているのです。

 

成長ホルモン分泌不全性低身長症は感染症ではなく、主に遺伝が要因になって起きる病気ということは、世界的に見ても知られています。

 

ただし成長ホルモン分泌不全性低身長症はどの程度の確率で遺伝するのかは、また医学的にみても解明されていません。

 

子供の身長が伸びない成長ホルモン分泌不全性低身長症は、遺伝以外では、栄養不足、睡眠がしっかり取れていない、運動が足りない、親の愛情をあまり受けて育たない子供に多いということも言われています。

 

診断は医学的に知識の無い人では、判断することが非常に難しく、もし子供の低身長で疑問を持つような場合には、すぐに専門家のいる大きな病院に行って診察を受けることをオススメします。

 

成長ホルモン分泌不全性低身長症は早めの診断を受け、適切な処置をとることが重要になります。